明後日のゆるゆるカフェの前半の講義の内容について

デフォルト・テーマの各テンプレートの働きを丁寧に見ながら、実践的なWordPress 制作・運用の力をつけていく

WordPress のテーマは様々ですがその原理は共通です。デフォルト・テーマの各テンプレートの働きを丁寧に見ながら、実践的なWordPress 制作・運用の力をつけていきたいです。明後日のゆるゆるカフェの前半の講義の内容について、ご参加予定の皆さまにメールを送りましたので転載します。


明後日(4月7日(土))の前半での私からの講義の内容についてお話しをさせてください。(ゆるゆるカフェのイベントページにリンク) 後半は皆さまからのお話の持ち寄りの時間となります。

WordPress のデフォルトテーマ Twenty Seventeen は、トップページにパララックス(視差効果)を使った華やかな印象を伝えるテーマです。

WordPress は「テンプレート」と呼ばれるファイルをメインに「テーマ」を形成し、「テーマ」をあたかも着せ替え人形のように入れ替えていくことのできる「CMS」です。

テーマは Twenty Seventeen のままでも、「ホームページの表示」設定を「最新の投稿」に切り替えただけで、トップページの見た目は、瞬時に「ブログ」に変わります。一体何が起こったのか?それは言うまでもなく、テンプレートが切り替わったからなのですね。・・・・

ここまで書いていることが分からなくてもご心配は無用です。できるだけビジュアルに、実際のファイルもちらりと覗きつつ、Web サイトがどう変化していくのか、その事例をお見せします。

「初心者」はテーマの「ファイル構造」が分からなくてもOKです。但しウラで「テンプレート」が切り替わったのだなという認識が持てるようになることで、WordPress 運用の力がついていくはずです。

「中級者」は先の切り替えでテンプレートがどう切り替わったかを意識して「表示設定」を取り扱っていく必要があります。「テンプレート階層」に基づいて、トップページと投稿ページでどのテンプレートが使われているのか、固定ページと投稿ページの運用と合わせて理解していくことが望ましいです。

「上級者」はぜひ各テンプレートファイルの構造を比較しながら全体を把握できるようになってください。例えば各ファイルの「ループ」に着目をして、どのテンプレートをインクルードして(読み込んで)いるのか観察をしてみてほしいです。

ここまでの記述で「初心者」「中級者」「上級者」の定義を明示していませんが、
・「初心者」は管理画面のみで、設定を変更するレベル。
・「中級者」は「子テーマ」を扱えるレベル。
・「上級者」はオリジナルテーマを作成するレベルとしています。
あくまで相対的な表現ですので、あまり気にしなくてOKです。

現在のデフォルトテーマの観察を通して、皆さまと少しでも気づきを共有できる機会となれば幸いです。分からないことや分かりづらいことはその場で聞いてください。すぐに解決にならなくても、ヒントや参考資料のご紹介などにつながればと思います。

WordPress のテーマは星の数ほど作られています。見た目も様々ですが、その原理は共通です。デフォルト・テーマの各テンプレートの働きを丁寧に見ながら、実践的なWordPress 制作・運用の力をつけていきたいと思っています。

【冒頭のお写真】先日4月1日(日)に、近所の石神井公園で撮影してきました。

【関連ページ】 ゆるゆるカフェのご案内

よろしければシェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です